Home > vol.03:一箱古本市in現代市2012

vol.03:一箱古本市in現代市2012 Archive

『百万回生きた猫』をお買い上げのお客様へ

昨日はご出店・ご来場ありがとうございました。

さて本日、「一箱古本市in現代市」に出店された「朋清館書店」さんより事務局に連絡がありました。お客様に間違って見本用の本(中身に子供のいたずら書きあり)を渡してしまったとのことです。
お心当たりの方はこちらにご住所を明記の上メールください。朋清館書店様に転送いたします。

実は、帰ってから、在庫整理をしていて気付いたのですが。
『百万回生きた猫(佐野洋子)』の古本を14時前後、若き女性に売りました。そのさい、その方は展示してある見本立ち読み用の本を手に取っていたので、忙しさの中、うっかり、そのまま渡してしまいました。その本は、中表紙に子供のいたずら書きがある見本用の本なのです。お渡しすべきは、いだずら書きの無い正常な本なのでした。その本には「見本用」シールを貼っていなかったのです。それなりに了解なさっていたのかもしれませんが、当方はそのつもりが無かったのです。

販売用の『百万回生きた猫』を送りますので、申し訳ありませんが、送り先を教え願えますか。

本好きの方に、申し訳ないことをしてしまいました。お気づきの方がいらしたら、ニイガタブックライト事務局内の「朋清館書店」宛にお教えください。

なお、「朋清館書店」は 「神社、天神さん(天満宮)前で、編み笠を被ってメガネ男」が 出店していました。

どうぞよろしくお願いいたします。

朋清館書店 

  

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

店主様へ:当日の雨について

店主の皆様へ:以下の内容をメールでお送りしました。メールでご連絡のとれない方へは、今晩か明日にお電話差し上げます。

直前のご連絡となってしまいまして申し訳ございません。また手違いで万が一木お連絡が行き届かなかった場合は、大変申し訳ございません。

「一箱古本市in現代市012」店主の皆様(BCCでお送りしています)

こんばんは。夜分に申し訳ございません。
ニイガタブックライトの事務局・亀貝です。

明日の天気なのですが、既報の通り午前中は雨天の可能性が高くなっております。
雨天の場合は、これまでのお願い通り

  1. 店主様各自で雨除けの準備をお願いします。
  2. 参加不参加は店主様のご判断におまかせします。出店キャンセルの場合のご連絡は不要です。
  3. 天気を見ての途中参加(途中受付)、途中閉店も可能です。

以上をお願いします。

事務局側の雨よけは
●菅原神社内に大きな荷物置き用のテントを1つ
●菅原神社すぐ近くの笹川歯科さん駐車場にその半分の大きさのテントを一つ
の2つのみ、の予定でした。

ですが、本日急遽、菅原神社内の社務所(塾を開いているようなお座敷)を雨天に限りお借りできることになりました

どうしても雨除けの準備ができない、屋外では子供や荷物などの不都合がある、などの店主様はそちらをご利用いただけます。

ただし、スペースが限られていますので、恐らく社務所では30箱程度が上限になると思います。また、少し奥まった場所ですので、集客の程度も未知数です。

「入れる数に限りがある」「集客が難しいかも知れない」などの条件をご理解いただいた上で、ご利用いただければ幸いです。受付時にお申し付けください。

社務所をご利用いただき、例えば午後から好天になったような場合は、屋外の通りに移動していただくことも可能です。

なにぶん全員分の雨よけを確保できないのは大変申し訳ないのですが、以上の条件をご覧の上、参加不参加をご検討いただけましたらと思います。

大変なお手数おかけすること御詫び申し上げます。
ご連絡が遅くなりまして本当に申し訳ございません。
以上何卒宜しくお願いいたします。

この件に関してのお問い合わせ:

亀貝携帯:090-3753-9545
佐藤携帯:090-5555-1858

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

店主マニュアルを発送しました。

お待たせしました。本日を持ちまして、店主様宛に「店主マニュアル」を発送いたしました。
郵便でお送りしていますので2〜3日中には到着すると思われます。
もし4日(月)中になってもお手許に届かない場合は、恐れ入りますがメールにてご一報ください。

【誤植のお詫び】
店主マニュアル表紙の一番上部に
「ニイガタブックライト vol.01」とありますが、正しくは「vol.03」です。
お詫びして訂正いたします。

 

 

  

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

店主様へお知らせ:テント設置がなくなりました。申し訳ございません。

「一箱古本市in現代市2012」店主の皆様へ

1)
当初より「今回は全店にテントを張ります」とお伝えしておりましたが、
事情により中止させていただくことになりました
大変申し訳ございません。

現場で検証した結果、以下のような理由で断念せざるをえなくなりました。

  • テントのサイズが会場の路幅に比べ大きすぎ、通りがほぼ埋まってしまう。非常時の車の通行ができない。
  • 通行止め開始から開場までに、全テントを立てるスケジュールが組めない(他に組む場所がない、お店の上で組めない、ストックしておく場所がない、移動距離が長い、移動時に困難が予想される)
  • 通行止め開始の9時からも住人の方の車が通行することがあるが、通すことができず、結果10時までに準備を完了できない。

一度お伝えしました内容が変更になってしまい、皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。申し訳ございません。
参加費は、テントレンタルがなくなりましたので、昨年同様¥1000とさせていただきます
日よけ対策に関しては、各自でご準備ください。また雨天時も開催していますが、当日の参加は店主様それぞれのご判断にお任せします。
何卒宜しくお願いいたします。

2)
今回は昨年と違い、イスと机の用意がありません。各自でご用意をお願いします(オギノ通り祭の時と同じになります)。

3)
前回に引き続き「一箱本送り隊」へ送る本を集めます。最近の傾向として、料理、手芸などの生活書のリクエストが多く、不足気味だそうです。こちらは当日集めますのでぜひご検討ください。

以上はすべて、後日送付いたします「店主マニュアル」にも掲載いたします。
ご確認いただけましたら幸いです。

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

現代市のフリーマーケット店主募集が始まっています。

6/10(日)現代市のフリーマーケット店主募集が、5/20より始まっています!
申込方法を当サイトでも掲載しました。こちらのページよりご覧ください。

一箱古本市よりもずっと大きな、3×2mのスペースです!
フリマ出店イベントを探している方、ぜひご検討ください!

  

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

フライヤー完成しました!

やっと、やっと、完成しました「一箱古本市in現代市2012」フライヤー!
一箱古本市の面と、現代市の面の両面刷りになっています。
今回資金不足のために印刷にかけられず、リソグラフで制作しましたが、片面刷った後にかなり乾かさなければいけないことが判明(紙質とベタの多さが原因)。シワもとりつつ数日乾かして印刷、また乾かして印刷、を繰り返し延べ4〜5日かけて完成しました。

 

手間がかかっているだけに愛着もひとしおです。この週末から配りはじめますので、見かけたらぜひ手にとってみてください。また、配布に協力いただけるという方は、北書店に沢山ありますので佐藤店長にお声掛けいただいてお持ちになってください。

PDFも、こちらのページからダウンロードできます。

  

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

出店者募集を締め切りました。

「一箱古本市in現代市2012」は、出店者が定数に達したため、申込を締め切らせていただきました。
多くのお申込、ありがとうございました!!

出店をお申込いただいた店主の皆様には後日「店主マニュアル」を送付いたします。

そちらをご覧の上、出店に向けご準備いただけましたらと思います。準備がまた楽しいですよね!満喫ください!

  

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

協賛を引き続き募集しています。

ニイガタブックライトでは、引き続き寄付・協賛を募集しています。
今回のvol.03では自費でテントをレンタルする関係で、これまでよりかなり大きな出費を予定しています。現在かなり厳しい状況です。
寄付・協賛に関してはこちらのページに詳しいです。
今後とも新潟でのブックイベントの継続のため、皆様よりの協賛をいただけましたら、何よりの幸いです。

ニイガタブックライトは出店者の皆様からの出店料と協賛金のみで、
ちらしやマニュアル、目録、ポスターの印刷、郵送、
テントなどのレンタル
ゲストへの謝礼
などを賄っております。

残念ながらちらしは印刷に入ってしまいましたのでお名前を表記することが間に合いませんが、協賛のページにて掲載させていただきます。
ご検討いただけましたら幸いです。

何卒宜しくお願いいたします。

  

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)さん来場決定!!

前回、第一回の「一箱古本市in現代市」にもゲスト&出店いただいた南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ)さんが、今回の学校町にも引き続き来ていただくことが決定しました!一箱も出店されますよ!

既に決定しているゲスト『本屋は死なない』著者の石橋毅史氏に加え、全国にあまねく広まった「一箱古本市」の、そもそもの仕掛け人である南陀楼さんの来場決定!楽しみです!

お二人にはイベント終了後に北書店で開催される表彰式・懇親会にゲストとしてお越しいただきます。
勿論あの「南陀楼賞」も!

楽しみにお待ちください!

  

「本屋」は死なない
「本屋」は死なない
posted with amazlet at 12.05.09
石橋 毅史
新潮社
売り上げランキング: 212534
一箱古本市の歩きかた (光文社新書)
南陀楼 綾繁
光文社
売り上げランキング: 402987

      

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

メール申込の際の注意

こんにちは。ニイガタブックライトの亀貝です。
店主お申込開始直後から、続々と申込メールをいただいております。ありがとうございます。

一つお断りがあります。DoCoMoなどの携帯からメールで申し込まれた場合、こちらからの確認の返信が届かない(弾かれてしまう)ことがあります。
※この確認メール自体に重要なことは書いていません。「メールを受け取りました」の返事だけです。重要な店主マニュアルは郵送で送付いたします。

これは、

1)メールアドレスの「@」の前にドット(.)が使われている
2)お使いの携帯が、パソコンや知らないアドレスからのメール受信を弾く設定になっている。

などの理由からだと思われます。

1)の場合、申し訳ございませんが現在の事務局のメールシステムでは対応できず、今後もメールでご連絡をお送りすることができません。この「.」があってもメールが送れることが分かりました。訂正いたします。

もし可能であれば、パソコンのメールをお使いいただくか、GoogleのGmailなどを取得しそちらから送っていただければ、今後ともメールでのご連絡が可能になります。

2)の場合の、受信拒否設定の解除方法は、以下のページが参考になるかも知れません。

→NTTDoCoMo「受信/拒否設定
→au「迷惑メールフィルター機能
→SoftBank「メール設定

引き続き今後とも何卒宜しくお願いいたします。

  

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > vol.03:一箱古本市in現代市2012

検索
フィード
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player